マイクロチップの登録について

  2022年6月1日から改正動物愛護管理法の施行により新たに販売される犬猫へのマイクロチップの装着が義務化され、飼主様には登録が必要となりました。現在、犬猫を飼われている方、保護犬猫を迎える方々は努力義務とされてます。

 これに伴い従来日本獣医師会が運用していた動物ID情報データベースシステム(通称AIPO)が任意登録となり、環境省マイクロチップ情報登録システムが法定登録となっております。(2022年6月現在)

AIPOの登録に関しては、千葉市獣医師会の会員病院でも 手続き可能となります。各病院にてご相談ください。

*『 会員病院一覧 』

​■ 環境省への法定登録サイト

​→ 環境省:犬と猫のマイクロチップ情報登録

 

■ 日本獣医師会:AIPOシステムへの登録方法

→ 【日本獣医師会:マイクロチップ登録申請システム】

 

* 日本獣医師会のマイクロチップ登録手続き説明

  【飼主様向けAIPOの登録方法について】

Brown stray dog on a street in Vietnam